日記

子どもの声

2019/01/15

半日歩いていても全く聞くこともない子どもの声。

新しい住宅が立ち並ぶ冬休みの昼下がり。

黄色い声がしない。

幼稚園だったか、保育園だったかの建設に、地域の人たちが

子どもの声がうるさいから反対する、というニュースが思い出された。

男衾の今市地区に住み、孫二人とその友達たちが騒いでいることに慣れている私の耳には、

子どもの声は、地域の活力のバロメータ、と思っている。

「笑顔で暮らせるまち」とは、「子どもの声が聞こえるまち」なのだ、と改めて、

町議選に挑戦する意義を確認する。

 

 

-日記