日記

やっぱり正月の風物詩はたこ揚げ

2019/01/28

1月は地域の特徴がみられる。

正月の風物詩といえばやっぱりたこ揚げだ。

寄居町大凧揚げ大会が今年も行われた。注目は畳30畳ほどもある「今市竹とんぼの会」がつくった大凧。

なんでも日本神話に出てくる天照大神の親戚のミコトがモチーフとかで他を圧倒する存在感。

一方、牟礼地区では子どもたちがその作品や舞い上がりなどを競う大会が行われた。

子供たち、親御さんたち地区の人たちが支えあいながらもう30年も続いている。

「幸福」の凧があがった。地域力が衰えている、と感じたこともあったけど、

そんな感慨は、澄んだ青空に消えてしまうような年の初めの幸福の凧。

-日記